アジアゲイトラベル - Asia Gay Travel -

インドネシア、ジャカルタを中心にオーストラリア、東京のゲイスポットゲイ文化を紹介

ジャカルタのArcH的存在ゲイ向けナイトクラブApolloに行ってきた

投稿日:2014年8月31日 更新日:

1.Apolloとは

ジャカルタのArchやaisotope的存在ゲイ向けナイトクラブが、Apolloです。
場所はKuningun地区の高級住宅地の高級マンションの中にあり、警備員もいてセキュリティもしっかりしています。
完全ゲイ向けクラブで、ドラァグクイーンショーやGO GO BOYSのショーもあります。
1人で行くのはあまりおすすめできませんが、気軽に遊びに行けるゲイスポットだと思います。盛り上がるのは深夜12時を過ぎたあたりからです。
踊って楽しむのはもちろんバースペースで若い男の子たちをじっとり眺めるのも楽しいです。

(住所)
Bellagio Boutique Mall UG Level 07 & 09
Jalan Mega Kuningan Barat VII,
Jakarta 12950
(web)
http://www.apolloclub-jakarta.com/index.php



 

2.どんな人たちが来てる?

簡単に言うとArchと同じです。見た感じ大学生みたいな若い20代前半の層が多いです。
そんな感じの若いゲイが8割ですが、それだけというわけじゃなくて、レズビアンっぽいBerryz工房みたいな清楚な女の子達や、若い子を探しに来たおじさんゲイや、オーストラリア人っぽい観光客も2割くらいいます。

 

3.ナンパする方法

だいたいみんな友達同士で来てるので、ナンパするのは抵抗がありますが、まずはみんなではっちゃけて踊ってみるのはどうでしょうか。
踊ってる間に、目が合って、近づいて、身体に手が触れて…っていうのはよくありますよねw

 

4.ステージに上がってみよう

僕は調子に乗ってステージに上がっちゃいました。
ショータイムに司会のドラアグクーンが観客を呼び寄せて、客いじりをすることがあります。
そんな時に「はい!はい!」と手を上げてステージ上がってみると目立つこと間違いなし。
特に外国人だと目立ちます。
僕はHなポーズをやらされて代わりにローションをもらいました
(ローションの発売元会社がイベントスポンサーだったためです)

ショーがない時間帯ももちろん自由にステージに上がれます。踊りを見せつけるのも楽しいですね。

 

5. 注意事項

基本的にApolloは入場制限は緩い方ですが、ジャカルタのナイトクラブには服装規定があります。
短パンは禁止です。理由は素足のケガ防止や痴漢防止だと勝手に推測しています。膝が隠れていれば七部丈パンツもOKですが、入場できなかったら悲しいから長ズボンはいていくのがいいかもですね

場内の写真をアップできないのが残念ですが、今度外観の写真を撮ってきます。

336agoda

336agoda

-ゲイクラブ, ジャカルタ
-

Copyright© アジアゲイトラベル - Asia Gay Travel - , 2018 All Rights Reserved.